Unity入門サイトもぎブログ!Unityを使いこなそう

2019年5月24日

こんにちは、もぎです。

この記事ではUnItyに入門する上で必要そうなことをまとめてみました。

随時追加されていくUnityのテクニック集もこのページから見ることができます。

Unityをインストールする

まずはUnityをインストールしましょう。

Unityは完全に無料で使うことができるので安心してインストールすることができます。

Unityをインストールしたい方はこちらの記事をどうぞ『Unityをインストールしよう

チュートリアル

Unityをインストールしたらゲームを作っていきましょう。

チュートリアルに沿ってゲームを作ることで、製作の流れなどがわかり、一人でもゲームが作れるようになります。

玉転がしチュートリアル

Unityのチュートリアルとして玉を転がしてアイテムを取得するという簡単なゲームがあります。

玉転がしのチュートリアルをやってみたい方はこちらからどうぞ『玉転がしの作り方

プログラミング初心者が2Dゲームを作れるようになるコース

プログラミング初心者向けにUnityで簡単な2Dゲームが作れるUdemyのコースを作りました。

プログラミングをやったことがなかったり、自身がない方はこちらのチュートリアルをどうぞ『プログラミング初心者がUnityで2Dゲームを作るれるようになるコース

Asset Storeで素材を調達する

ゲームは作ってみたいけど絵が描けなかったり、3Dキャラが作れなかったりする方はいるのではないでしょうか?

Unityにはそのような方もゲームが作れるようにAsset Storeという無料(一部有料)で素材を提供している市場があります。

Asset Storeで素材を入手してみたい方はこちらの記事をどうぞ『Asset Storeとは使い方や日本語化など

Unityのテクニック集

Unityにはゲーム制作におけるテクニックがたくさんあります。

いくつかまとめてみたので、気になったテクニックがあればのぞいてみてください。

ボタンを押した時の処理

ボタンを押したらゲームを開始するなど、ゲーム制作においてボタンを押した時の処理というのは非常に重要な要素です。

ほとんどのゲームについているボタン。

Unityでそんなボタンの使い方を知りたい方はこちらの記事をどうぞ『よくわかるButtonの使い方-Buttonの理解をグッと深めよう!

画面を切り替える

ゲームには複数の画面があり、それらを切り替えることでゲームを作っていきます。

Unityでは画面の切り替えは非常に簡単にできます。

画面の切り替えをしてみたい方はこちらの記事をどうぞ『切り替えや名前の取得などSceneについてのまとめ

当たり判定

アイテムの取得や敵にぶつかったらゲームオーバーにするなど、『当たり判定』が必要なゲームというのは数多くあります。

ですので、当たり判定を習得すれば作れるゲームの幅が一気に増えます。

当たり判定について学んでみたい方はこちらの記事をどうぞ『当たり判定についてのまとめ

プロジェクト

Unityではプロジェクトごとにゲームを作ります。

プロジェクトはコピーをしたり、削除をしたりすることができます。

プロジェクトについて詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ『プロジェクトについてのまとめ『コピー、名前の変更、削除など』