iOS, Swift, クラス, プログラミング

クラスとは設計図のようなものです。 クラスを使ってインスタンスを作ることで使えるようになります。 インスタンスはクラス(設計図)を基にして作った『実体』のことです。 例えば、動物クラスから『イヌ』や『 ...

iOS, Swift, プログラミング, 関数

関数とは処理をまとめたものです。 関数に値を入れると、基本的にはその値に処理を加えて別の値を出力します。 関数は func 関数名(引数: 引数の型) -> 戻り値の型 {  ...

for-in, iOS, Swift, プログラミング

for-inは繰り返し処理を行う文法です。 for-inは for 変数 in シーケンス {    繰り返したい処理} と記述します。 シーケンスというのは複数の値で、一つずつ段 ...

iOS, Swift, プログラミング, 未分類, 辞書

辞書とはキーと値のペアを持つ複数の値を格納できるデータ構造のことです。 配列と同じように複数の値を格納できるのですが、異なるのは『キーと値のペアを持つ』という点です。 辞書を作るには var 変数名 ...

iOS, Swift, プログラミング, 配列

配列とは複数の値を格納できるデータ構造のことです。 変数や定数は配列にすることができます。 やり方は変数や定数に格納する値を『 』で囲むだけです。 var 変数名 = と記述します。 実際に配列を作っ ...

iOS, Swift, オプショナル型, プログラミング

オプショナル型とは何もないことを表す記号であるnilを入れることができるデータ型のことです。 型とはいっても、IntやStringなどのようではなく、そういった既存の型をオプショナル型にして使います。 ...

iOS, Swift, switch, 未分類

switch switchは条件分岐をするための文法です。 ifと大体同じですが、違いとしてはswitchの方が3つ以上条件があるときにコードが読みやすくなる点が違います。 多くの言語ではそれぞれのc ...

guard, iOS, Swift

guard guardは条件に一致しなかったときに処理を中断する文法です。 予期していないことが起こったときに処理を中断する、と言い換えることもできます。 ifを使っても似たようなことができます。 し ...

if, iOS, Swift, プログラミング

if ifとは条件分岐をするための文法です。 条件分岐というのは『条件に応じて異なる処理をする』ことをいいます。 ifは if 条件1 {   条件1の処理}else if 条件2 { ...

iOS, Swift, プログラミング, 文字列

文字列に変数を埋め込む Swiftでは簡単に文字列に変数を埋め込むことができます。 やり方は、文字列の中で \(埋め込みたい変数) と記述するだけです。 実際に使ってみましょう。 新しいPlaygro ...