【Swift入門】配列の追加やアクセス方法など

配列とは複数の値を格納できるデータ構造のことです。

変数や定数は配列にすることができます。

やり方は変数や定数に格納する値を『 [ ] 』で囲むだけです。

var 変数名 = [要素1, 要素2, 要素3…]

と記述します。

実際に配列を作ってみましょう。

新しくPlaygroundを作って空にしましょう。

配列の基本

文字列型の配列を作って、複数の文字列を格納してみようと思います。

var sports = [“サッカー”, “テニス”, “バスケ”]

と記述します。

コードについて説明していきましょう。

まず、配列の値一つ一つは要素と呼ばれ、それぞれ番号がついています。

その番号のことを要素番号と呼びます。

要素番号は『 0 』から始まり、『1, 2, 3…』と順につけられていきます。

今回の場合だとサッカーが『 0 』。

テニスが『 1 』。

バスケが『 2 』。

といったように要素番号が割り当てられます。

配列から値を取り出したいときは要素番号を使って、

変数名[要素番号]

と記述します。

試しに変数『sports』から『テニス』を取り出してコンソールに出力してみましょう。

テニスの要素番号は『 1 』なので

print(sports[1])

と記述しましょう。

この状態で実行してみます。

実行ボタンを押してください。

実行してみると『テニス』とコンソールに出力できていますね。

配列に要素を追加

次に、配列に要素を追加してみましょう。

要素を追加するには、

配列.append(追加する要素)

と記述します。

実際に要素を追加してみましょう。

配列sportsに新しく『卓球』を追加してみようと思います。

sports.append(“卓球”)

と記述しましょう。

これでString型の配列『sports』に『卓球』が追加されます。

『sports』の中身をコンソールに出力して確かめてみましょう。

print(sports)

と記述し、実行ボタンを押します。

コンソールを見てみると配列に『卓球』が追加されているのがわかりますね。

空の配列

次に空の配列を作ってみましょう。

空の配列を作るには、

var 変数名 = [配列の型]()

と記述します。

実際に空の配列を作ってみましょう。

今回作る空の配列はemptyArrayという名前でString型にします。

var emptyArray = [String]()

と記述します。

実際に中身が空なのかコンソールに出力して確認してみましょう。

print(emptyArray)

と記述しましょう。

コードを記述したら実行します。

実行ボタンを押してください。

コンソールを見てみると、ちゃんと空の配列ができていますね。