【Unity入門】オブジェクトの大きさを変える方法

オブジェクトは大きさを変更するできます。

大きさを変更する方法としては、主に

1.数値を直接変更

2.シーンビューで変更

の二つがあります。

それぞれやっていきましょう。

実際にやってみる

まずは、以前作成した、『Unity Basics』というプロジェクトを開いてください。

開き方はUnity Hubに追加されている『Unity Basics』をクリックするだけです。

クリックすると『Unity Basics』を開くことができます。

『Unity Basics』を開いたら、オブジェクトを移動させるためのシーンを作りましょう。

Scenesフォルダの中に作成します。

Projectウィンドウで

Scenesフォルダを選択しましょう。

選択した状態で『+』ボタンを押しましょう。

色々と出てくるので、

『Scene』をクリックしましょう。

すると、Scenesフォルダの中に

新しくSceneが作成されます。

Sceneの名前を『ResizeObject』に変更しておきましょう。

今回は『ResizeObject』の中でオブジェクトを動かしていきたいので、Sceneを移動します。

『ResizeObject』をダブルクリックしましょう。

すると、Sceceを移動することができます。

Hierarchyウィンドウを見ると、現在のSceneが『ResizeObject』に変わっていますね。

それでは、オブジェクトの大きさを変更していきましょう。

まずは、大きさを変更するオブジェクトを作成します。

どのオブジェクトでも良いのですが、今回は立方体の3Dオブジェクトを作成しようと思います。

Hierarchyウィンドウで『+』ボタンを押してください。

『3D Object』 > 『Cube』と押していくと、

立方体の3Dオブジェクトを作ることができます。

数値を直接変更

それではCubeの大きさを変更してみましょう。

まずは数値を直接変更して大きさを変更してみようと思います。

今回はCubeをY軸方向に大きくしてみようと思います。

Hierarchyウィンドウで『Cube』を選択してください。

InspectorウィンドウでTransformコンポーネントの

Scaleの

Yの値を

1から『3』に変更しましょう。

シーンビューで見てみるとY軸方向に大きくなったのがわかりますね。

今回はY軸に大きくしましたが、X軸とZ軸も同じように、数値を直接変更して大きくすることができます。

シーンビューで変更

また、オブジェクトはシーンビューから大きくすることもできます。

Hierarchyウィンドウで『Cube』を選択しましょう。

選択したら、シーンビュー左上の四角のボタンを押しましょう。

するとシーンビュー上で大きさを変えることができます。

引き伸ばして大きくしたい箇所を押しながら動かすとオブジェクトを大きくすることができます。

試しにCubeを横に大きくしてみましょう。

Cubeの横端を

押しながら横に移動しましょう。

すると、横に大きくすることができます。

シーンビューで大きくしたとしてもTransformコンポーネントのScaleの値は変わります。

実際に変わっているのか確かめてみましょう。

Cubeを選択した状態で

InspectorウィンドウでTransformコンポーネントの

Scaleを見てみましょう。

すると、Zの値が1から『8.1419』に変わっていますね。

確かに、TransformコンポーネントのScaleの値も変わっていますね。

このように、二つの方法でオブジェクトの大きさを変更させることができます。

状況に応じて好きな方法で大きくしてみてください。