【Unity入門】オブジェクトを作って3Dオブジェクトの色を変更する

やり方は変更したい色のマテリアルを作って、オブジェクトに適応するだけです。

マテリアルというのは3Dオブジェクトの質感を表現するためのものです。

この記事の目次

実際にやってみる

まずは、以前作成した、『Unity Basics』というプロジェクトを開いてください。

『Unity Basics』を開いたら、オブジェクトの色を変えるためを作りましょう。

Scenesフォルダの中に作成します。

Projectウィンドウで

Scenesフォルダを選択しましょう。

選択した状態で『+』ボタンを押しましょう。

色々と出てくるので、

『Scene』をクリックしましょう。

すると、Scenesフォルダの中に

新しくSceneが作成されます。

Sceneの名前を『ChangeColor』に変更しておきましょう。

今回は『ChangeColor』の中でオブジェクトの色を変更したいので、Sceneを移動します。

『ChangeColor』をダブルクリックしましょう。

すると、Sceceを移動することができます。

Hierarchyウィンドウを見ると、現在のSceneが『ChangeColor』に変わっていますね。

それでは、3Dオブジェクトを作って色を変更していきましょう。

まずは、適当な3Dオブジェクトを作りましょう。

どの3Dオブジェクトでも良いのですが、今回はCubeを作ります。

Hierarchyウィンドウで『+』ボタンを押しましょう

色々と出てくるので3D Object > Cubeと押していきます。

すると、Cubeを作ることができます。

実は、Cubeにはデフォルトでマテリアルがついています。

確認してみましょう。

HierarchyウィンドウでCubeを選択してください。

この状態でInspectorウィンドウを見てみましょう。

すると、下の方にDefault-Materialが付いているのがわかりますね。

Default-Materialは編集することはできませんが、その内容を確認することはできます。

内容を確認してみましょう。

Default-Material左側の三角形を押してください。

すると、内容を確認することができます。

注目してもらいたいのは、Main Maps

Albedoです。

Albedoはマテリアルのベースカラーを指定します。

Default-Materialでは白色が指定されていますね。

なので、Cubeはデフォルトだと白色で表示されています。

他の色に変更すればその色で表示されます。

Default-MaterialはAlbedoの値を変更することができません。

なので、新しくマテリアルを作って、Albedoを他の色に変えてみましょう。

まずは、マテリアルを格納するためのフォルダを作ります。

ProjectウィンドウでAssetsを選択しましょう。

この状態で『+』ボタンを押しましょう。

色々と出てくるので『Folder』を押します。

Folderが作成されるので、

名前を『Materials』に変更しておきましょう。

これで、マテリアルを格納するフォルダを作ることができました。

この中に新しいマテリアルを作りましょう。

ProjectウィンドウでMaterialsを選択しましょう。

この状態で『+』ボタンを押します。

色々と出てくるので、『Material』を押しましょう。

すると、新しいマテリアルを作成することができます。

今回は青色のマテリアルを作ろうと思うので、名前を『Blue』に変更します。

これで、準備ができたので、

BlueのAlbedoを青色に変えましょう。

ProjectウィンドウでBlueを選択しましょう。

すると、InspectorウィンドウにBlueの情報が表示されます。

Albedoに指定されている

白色を選択しましょう。

すると、ベースカラーを指定することができます。

外側の円で青色をクリックしましょう。

すると、内側の四角形が全体的に青っぽくなります。

内側の四角形の右上をクリックしましょう。

これでマテリアルのベースカラーが青色になりました。

ProjectウィンドウでBlueを見てみると、確かに青色になっていますね。

カラーピッカーは閉じておきましょう。

それでは、作ったマテリアルBlueを

Cubeに適応させましょう。

マテリアルを適応させるにはMesh Rendererコンポーネントにマテリアルを指定する必要があります。

Mesh Rendererコンポーネントというのは3Dオブジェクトの見た目を作るコンポーネントです。

このコンポーネントにマテリアルを指定しましょう。

Cubeを選択してください。

Inspectorウィンドウを見るとMesh Rendererコンポーネントの

Materialsに

Default-Materialが指定されています。

Default-Materialを先ほど作ったマテリアルであるBlueに変更しましょう。

Default-Materialの右側の丸を押してください。

すると、マテリアルを選択するように言われるので、

先ほど作った『Blue』を選択しましょう。

これで、CubeにBlueというマテリアルを適応させることができました。

シーンビューで見てみると、Cubeが青くなっているので、適応されているのがわかりますね。

このように、3Dオブジェクトの色は変更することができます。