【Unity入門】スクリプトを追加したオブジェクトを取得

スクリプトを追加したオブジェクトを取得することができます。

やり方は非常に簡単でスクリプト内に

gameObject

と記述するだけです。

最初が小文字であることに注意してください。

大文字にしてしまうと、GameObject型といった違った意味合いになってしまいます。

実際にやってみる

準備

それでは、実際にスクリプトを追加したオブジェクトを取得してみましょう。

まずは、以前作成した、『Unity Basics』というプロジェクトを開いてください。

『Unity Basics』を開いたら、スクリプトを追加したオブジェクトを取得するシーンを作りましょう。

Scenesフォルダの中に作成します。

ProjectウィンドウでScenesフォルダを選択しましょう。

選択した状態で『+』ボタンを押しましょう。

色々と出てくるので、

『Scene』をクリックしましょう。

すると、Scenesフォルダの中に

新しくSceneが作成されます。

Sceneの名前を『gameObject』に変更しておきましょう。

今回は『gameObject』の中でやっていきたいので、Sceneを移動します。

『gameObject』をダブルクリックしましょう。

すると、Sceceを移動することができます。

Hierarchyウィンドウを見ると、現在のSceneが『gameObject』に変わっていますね。

次にスクリプトを追加したオブジェクトを取得するスクリプトを作りましょう。

Scriptsフォルダを選択してください。

選択した状態で『+』ボタンを押しましょう。

色々と出てくるので『C# Scripts』を選択します。

すると、新しくスクリプトが作成されます。

名前が確定してしまう前に『GameObjectScript』と変更しましょう。

名前を変更したら、スクリプトを編集していきましょう。

GameObjectScriptをダブルクリックしてください。

すると、VIsual Studioが起動して、GameObjectScriptを編集できるようになります。

スクリプトを追加したオブジェクトを取得してみる

それでは、実際にスクリプトを追加したオブジェクトを取得してみましょう。

今回は、スクリプトを追加したオブジェクトを取得して、そのオブジェクトの名前をコンソールに表示させてみようと思います。

まずは、スクリプトをオブジェクトに追加しましょう。

どのオブジェクトでも良いのですが、今回はMain Cameraに追加しようと思います。

GameObjectScriptをMain Cameraにドラッグ&ドロップしましょう。

すると、Main CameraにGameObjectScriptが追加されます。

スクリプトを追加したら、コードを記述しましょう。

Start関数の中に

Debug.Log(gameObject.name);

と記述します。

コードについて説明しておきましょう。

このコードはDebug.Logを使って、

gameObject.nameの内容を

コンソールに出力するといったコードです。

gameObjectというのは

スクリプトを追加したオブジェクトのことです。

今回であればMain Cameraのことですね。

『.name』をつけることで

オブジェクトの名前を取得します。

gameObjectは

Main Cameraというオブジェクトのことなので、それの名前である『Main Camera』が取得できます。

なので、この状態で実行すると、コンソールには『Main Camera』と出力されるはずです。

実際に実行してみましょう。

スクリプトを保存して、Unityエディタに戻りましょう。

再生ボタンを押してください。

すると、予想通りコンソールには『Main Camera』と表示されますね。

このように、gameObjectと記述すればスクリプトを追加したオブジェクトを取得することができます。