【Unity入門】定数の使い方

定数とは

定数とは値を入れる箱のことです。

これだけだと変数と同じようですが、違うのは定数は、格納された値は再代入できないということです。

例えば、消費税を表すTAXという定数があり、

10%を表す小数0.1が格納されていたら、

他の箇所でTAX = 0.2といったように代入することが

できないということです。

再代入することはできませんが、初期値を変えることはできます。

今回の例だと、初期値の0.1を

0.2に変えることは

可能ということです。

定数を使う利点としては、定数を使えば、スクリプトの中で、再代入されていないことが保証されるので、コードが読みやすくなるという点です。

定数を作るには型の前に『const』をつけて

const 定数名 = 初期値; 

といったように記述します。

定数名は全て大文字で単語の区切りには『 _ 』を入れます。

例えば消費税を表す『consumption tax』の場合は、『CONSUMPTION_TAX』と記述します。

実際に使ってみる

準備

それでは、定数を使ってみましょう。

まずは、以前作成した、『C# Basics』というプロジェクトを開いてください。

『C# Basics』を開いたら、関数を使うシーンを作りましょう。

Scenesフォルダの中に作成します。

Projectウィンドウで

Scenesフォルダを選択しましょう。

選択した状態で『+』ボタンを押しましょう。

色々と出てくるので、

『Scene』をクリックしましょう。

すると、Scenesフォルダの中に

新しくSceneが作成されます。

Sceneの名前を『Constant』に変更しておきましょう。

今回は『Constant』の中でオブジェクトの色を変更したいので、Sceneを移動します。

『Constant』をダブルクリックしましょう。

すると、Sceceを移動することができます。

Hierarchyウィンドウを見ると、現在のSceneが『Constant』に変わっていますね。

次に関数を使うためにスクリプトを作っておきましょう。

Scriptsフォルダを選択してください。

選択した状態で『+』ボタンを押しましょう。

色々と出てくるので『C# Scripts』を選択します。

すると、新しくスクリプトが作成されます。

名前が確定してしまう前に『Constant』と変更します。

名前を変更したら、スクリプトを編集していきましょう。

Constantをダブルクリックしてください。

すると、VIsual Studioが起動して、Constantを編集できるようになります。

定数を使ってみる

それでは、定数を使っていきましょう。

今回は、消費税を表す『CONSUNPTION_TAX』という定数を作って、使ってみようと思います。

Start関数の上に

const float CONSUMPTION_TAX = 0.1f;

と記述しましょう。

コードについて説明しておきます。

このコードは、float型の

定数

CONSUNPUTION_TAXを作って、

0.1を格納するという内容です。

float型に小数を格納する場合は、小数の後に『f』をつけます。

次にこの定数を使って、再代入を試みてみましょう。

定数は再代入できないので、エラーが出るはずです。

Start関数の中に

CONSUMPTION_TAX = 0.2;

と記述しましょう。

このように記述すると、やはりエラーが出ますね。

再代入する記述は

消しておきましょう。

定数をコンソールに出力してみましょう。

Debug.Log($”2021年時点で100円の商品の消費税は{100 * CONSUMPTION_TAX}円”);

と記述しましょう。

コードについて説明しておきます。

このコードは100にCONSUNPUTION_TAXを掛けた値を埋め込んだ文字列

Debug.Logを使って

コンソールに出力するという内容です。

100にCONSUNPUTION_TAXを掛けた値を埋め込んでいるのは{ }の中の記述です。

文字列の前に『$』をつけているので、

文字列の中に数値や、定数を埋め込むことができています。

この状態で実行すると、コンソールには『2021年時点で100円の商品の消費税は10円』と出力されるはずです。

実際にそのように出力されるのか実行して確かめてみましょう。

スクリプトを保存して、Unityエディタに戻りましょう。

Unityエディタに戻ったらスクリプト『Constant』を『Main Camera』に追加しましょう。

ConstantをMain Cameraにドラッグ&ドロップします。

すると、Main CameraにConstantが追加されますね。

この状態で再生ボタンを押してみましょう。

すると、予想通りコンソールには『2021年時点で100円の商品の消費税は10円』と出力されましたね。

このようにして、定数を使うことができます。

未分類

Posted by mogi0506