【Unity入門】コンポーネントの説明と追加方法

コンポーネントとは

コンポーネントとはオブジェクトに機能を持たせるものです。

例えば『Main Camera』という名前のカメラのオブジェクトは

『Camera』コンポーネントがついているので

カメラとしての機能を持っています。

『Camera』コンポーネントを消したら、カメラとしての機能が失われるので、ゲームビューには何も映らなくなるはずです。

実際にそうなるのか、『Camera』コンポーネントを消して確かめてみましょう。

『Camera』コンポーネントの右側にある『三つの丸が連なったボタン』を押してください。

すると、色々と出てくるので

『Remove Component』をクリックしてください。

すると、『Camera』コンポーネントを消すことができます。

ゲームビューを確認してみると、確かにゲームビューには何も映らなくなりましたね。

ついでに『Main Camera』の

他のコンポーネントについても確認しておきましょう。

『Transform』コンポーネントは

オブジェクトに『位置』

『回転』

『大きさ』を与えます。

『Transform』コンポーネントは

全てのオブジェクトに付いています。

『AudioListener』コンポーネントは、

オブジェクトに音を拾う機能を追加します。

『Main Camera』に付いているコンポーネントを確認することができました。

コンポーネントについての理解をもう少し深めるために、他のオブジェクトのコンポーネントも確認していきましょう。

現在シーンには『Main Camera』の他に『Directional LIght』があります。

『Directional Light』のコンポーネントも確認していきましょう。

Hierarchyウィンドウで『Directional Light』をクリックして、選択しましょう。

Inspectorウィンドウでコンポーネントを見てみると、『Main Camera』と同じように、『位置』、『回転』、『大きさ』を与える『Transform』コンポーネントがありますね。

『Transform』コンポーネントは全てのオブジェクトに追加されるため、当然『Directional LIght』にも付いています。

また、『Light』コンポーネントも付いています。

『LIght』コンポーネントはオブジェクトに光源としての機能を与えます。

『Light』コンポーネントが付いているおかげで『Directional Light』は

光源として振る舞うことができます。

コンポーネントを追加する

コンポーネントは自分で追加することもできます。

『Main Camera』の

『Camera』コンポーネントを消したせいで、ゲームビューに映像が映し出されていません。

新しく空のオブジェクトを作り『Camera』コンポーネントを追加してみましょう。

すると、カメラとして振る舞うことができ、ゲームビューに映像が映し出されるはずです。

まずは空のオブジェクトを作りましょう。

Hierarchyウィンドウでプラスボタンを押しましょう。

作れるオブジェクト一覧が表示されるので、

『Create Empty』をクリックしましょう。

すると、空のオブジェクトが作成されます。

空のオブジェクトといっても、位置、回転、大きさを与える『Transform』コンポーネントは付いています。

このオブジェクトに『Camera』コンポーネントをつけてみましょう。

Hierarchyウィンドウで先ほど作成したオブジェクトを選択し、

Inspectorウィンドウにある『Add Component』をクリックしましょう。

すると、コンポーネントの一覧が出てきます。

『Rendering』をクリックし、

その中にある『Camera』を選択しましょう。

すると、先ほど作成したオブジェクトに

『Camera』コンポーネントが追加されます。

『Camera』コンポーネントが追加されたオブジェクトはカメラとして扱われるので、ゲームビューに映像が映し出されるようになりました。

このように、コンポーネントを追加すると、そのコンポーネントの種類に応じて、オブジェクトに機能を与えることができます。

component

Posted by mogi0506