【Unity入門】3Dオブジェクトを作る

この記事の目次

オブジェクトを作る

Unityはオブジェクトを組み合わせることにより、ゲームを作っていきます。

3Dオブジェクトだけではなく、テキストなどのUIやライト、カメラなどもオブジェクトです。

今回は試しに3Dオブジェクトを作ってみましょう。

作り方は非常に簡単です。

Hierarchyウィンドウにある

プラスボタンを押してください。

すると、どのオブジェクトを作るのか聞かれます。

今回は3Dオブジェクトを作りたいので『3D Object』を選択しましょう。

すると、作ることができる3Dオブジェクトの一覧が出てきます。

どれでも良いのですが、今回は立方体を表す『Cube』を選択しましょう。

シーンビューを見てみると、立方体が作成されていますね。

また、Hierarchyウィンドウには『Cube』という文字列が表示されています。

3Dオブジェクトを作ることができましたね。

このように、Unityでは簡単にオブジェクトを作ることができます。

作ったオブジェクトは消しておきましょう。

やり方は、HIerarchyウィンドウの『Cube』の上で

右クリックをしましょう。

すると、色々と出てくるので、

『Delete』をクリックしましょう。

すると、『Cube』を消すことができます。

また、オブジェクトを消すためのショートカットキーもあります。

消したいオブジェクトを選択した状態で『⌘キーを押しながらdeleteボタンを押す』と簡単に消すことができます。