【SwiftUI入門】Listの使い方

この記事の目次

List

LIstとは複数のViewを縦に並べて表示させるUI部品です。

Listは

List{    Listに格納したいもの}

と記述します。

それでは実際に使ってみましょう。

適当にSwiftUIのプロジェクトを作ってください。

Listを作ってみましょう。

今回はいくつかの果物をListを使って表示してみようと思います。

Text(“Hello, World!”)

List{    Text(“リンゴ”)}

と書き換えてください。

するとリストが作成され、その一行目に『リンゴ』が表示されます。

プレビューで確認してみましょう。

右から二番目のボタンを押して、

『Canvas』を押しましょう。

その後に『Resume』を押して、

プレビューを表示させます。

現在リストには『リンゴ』だけが追加されていますが、『レモン』や『オレンジ』など他の果物も追加してみましょう。

やることは簡単で、『Text(“リンゴ”)』の下に

Text(“レモン”)
Text(“オレンジ”)

といったように連ねて書くだけです。

プレビューを見てみるとみると、リストに『レモン』と『オレンジ』が追加されているのが分かりますね。