【SwiftUI入門】fontサイズ一覧

この記事の目次

font

fontは文字の大きさを変えるモディファイアのことです。

fontは

Text(“文字列”)    .font(フォントサイズ)

と記述します。

フォントサイズは予め用意されており、大きい方から順に

largetitle
titleheadline
body
callout
subheadline
footnote
caption
                

があります。

実際に使ってみましょう。

適当にSwiftUIのプロジェクトを作成してください。

Listの中にサイズを変えたHello,Worldという文字列を並べていき、フォントサイズに応じてどのような見た目の変化があるのか比較してみましょう。

Text(“Hello, World!”)

の部分を

List{    Text(“Hello,World(largetitle)”)
        .font(.largeTitle)
    Text(“Hello,World(title)”)
        .font(.title)
    Text(“Hello,World(headline)”)
        .font(.headline)
    Text(“Hello,World(body)”)
        .font(.body)
    Text(“Hello,World(callout)”)
        .font(.callout)
    Text(“Hello.World(subheadline)”)
        .font(.subheadline)
    Text(“Hello,World(footnote)”)
        .font(.footnote)
    Text(“Hello,World(caption)”)
        .font(.caption)}

と書き換えてみてください。

すると様々なサイズのHello,Worldがプレビューに出力されてサイズを比較することができます。

サイズの変更は『font』モディファイアの中の引数に指定したフォントサイズで変更することができます。

例えば、『.largeTitle』や『.title』といったように指定します。

どのようにサイズの違いがあるのかプレビューをみてみましょう。

このようにfontモディファイアを使えば文字の大きさを変えることができます。