【SwiftUI入門】ToggleでON / OFFを切り替える

Toggleとは

ToggleとはON/OFFを切り替えられるようにするためのものです。

Toggle(“表示したい文字列”, isOn: $bool型の変数)          

と記述します。

bool型の変数にはToggleがONの時はtrueが、OFFの時はfalseが入ります。

また、Toggleで使うbool型の変数には@Stateをつけます

実際に使ってみる

それでは、Toggleを実際に使ってみましょう。

SwiftUIのプロジェクトを作成してください。

今回はToggleを作って、Toggleのラベルに現在がtrueかfalseか表示してみようと思います。

まずは、Toggleで使うbool型の変数を作りましょう。

ContentViewの中に

@State var flag = true

と記述しましょう。

この記述は初期値にtrueが入った

flagという名前の

bool型の変数を作るといった内容です。

@Stateをつけているので

構造体の中でも値を変更することができます。

次にToggleを作りましょう。

bodyの中に記述されている内容を

Toggle(flag.description, isOn: $flag)

と書き換えましょう。

このコードはToggleを作るといった内容です。

第一引数にはToggleのラベルを記述します。

今回は先ほど作ったbool型の変数flagの値が表示されるようにしました。

Toggleの第一引数にはString型が入るのですが、flagはbool型なのでdescriptionを使ってString型に変換しています。

第二引数のisOnには

ToggleがONの時はtrue、OFFの時はfalseを格納する変数を指定します。

今回は先ほど作ったflagを指定しました。

プレビューを見てみると、Toggleが表示されているはずです。

Toggleをクリックすると、

Toggleのラベルの内容が変わります。

このように、Toggleを使えばON/OFFを切り替えられるようになります。

SwiftUI, Toggle

Posted by mogi0506